当社WEBSITEに掲載している製品は、予告なしに仕様を変更する場合があります。当社WEBSITEに掲載している製品の色やデザインなどは実際の色とは幾分異なる場合があります。
当社に関するご質問、又は、製品のご購入に対するご要望がございましたら、下記メールアドレスまでお問い合わせ下さい。
U.S.Optics社の歴史

 U.S.OPTICS社は、創設者である前社長ジョン・ベン・ウィリアムズ・ジュニア2世の独創的着想から始まりました。会社は粗末な起源で、元々1990年にジョンの住居のガレージから始まったのです。射撃者に依る射撃者のために設計された本当のオリジナルのライフルスコープを提供するため、そのギャップを満たすために光学会社を設立しょうとするアイディアが生まれました。この企画は、10年以上ジョンを熱心に追求そして調査させるように導きました。
 ジョン・ベン・ウィリアムズ・ジュニア2世は、2004年の6月30日にオートバイ事故で悲劇的な死を遂げました。
 長い年月ジョンが会社に居た間に、彼は見事にスコープ製法の革命を起こしました。
 ジョンは、軍と法執行機関の背景を持つ個人からの情報をインプットしたものに基づいて、彼の光学ラインを完全に作り上げました。そのアイディアは単純で、今までに提供された如何なるものよりも良質の光学ラインを生産すると言う事でした。ジョンは、店の棚から購入できる只少数のモデルの様な物では無く、全てのスコープが本当に消費者から必要とされるスコープの生産を望んでいました。ジョンは、苛酷な戦場を生き残る、そして大きな口径の銃が引き起こす圧力でも壊れないライフルスコープを望んでいました。
 銃製造業界に一生を捧げ、立派な教育を受けたバックグランドを持つジョンは、彼の新しい光学ビジネスの成功を見いだしました。ジョンは、航空宇宙会社ロックウェル・サイエンティフィックの急激な縮小で、機械及び道具を獲得しました。ジョンは、始めに彼の息子ジョン・ ウィリアムズ・3世 を彼の夢を実現するために新社員として入れました。ジョン3世は、1990年後半、幼少だった時から入社したのです。この父と息子のチームは、市販の他社の製品と競争するために、必要とされた基準に彼等のスコープを開発するべく共同で行いました。
 何年も経って、USオプティックスは業界で評判を得ました、そして或る特殊目的の望遠ライフルスコープの生産に関しては世界一であると知られる様になりました。専心、忍耐、最高の基準を通して、USオプティックスは絶え間ない刷新と最新の生産ラインで他社より勝れ繁盛しています。
 USオプティックスは、全米中の軍装備と法執行機関にスコープを販売しています。同様、アメリカ海兵隊との契約義務を果たしました。1999年にアメリカ海兵隊は、老朽化したMST-100を新しくする要望を出しました、そして我が社がこの仕事のために選ばれた事を誇りに思っています。